格安スマホにはいろいろな会社がありますが、どのような違いがあるかはわかりにくいと思います。みなさんの理解のお役に立てるように代表的な会社をそれぞれ解説しました。よかったらご参考にしてください。

格安スマホの評判

JCOMのスマホの口コミ 端末の設定までしてくれるのが魅力


■ JCOMはサービスエリアでのみスマホ契約可

JCOMはケーブルテレビの会社です。

ケーブルテレビ会社はケーブルテレビだけでなく、インターネットおよび電話のサービスをしています。それに加えスマホの販売もしているのです。

インターネット回線を引くときに、NTTと契約している電話をやめてケーブルテレビの電話にすると、電話料金を安くすることができます。

そんなメリットのあるケーブルテレビのJCOMは、スマホの販売もしています。

JCOMのスマホを購入すると、他の携帯電話会社にない魅力もありますので、それを紹介しますね。

ただ1つだけ注意点があります。

JCOMのスマホを購入できるのは、JCOMのサービスエリア内だけだということです。

JCOM全国でサービスを提供していますが、すべての地域をカバーしているわけではありません。

もし、JCOMがサービスをしていない地域でしたら、JCOMのスマホを購入することはできません。

スマホ自体は全国ほぼどこでも利用できますが、JCOMは自社でサポートできる範囲でしか売らないという方針なのか制約があるのでしょう。


■ JCOMのスマホは解約手数料がかからない

他の携帯電話会社との違いを明らかにするためにも、まずお伝えしたいのは、JCOMのスマホは解約手数料がかからない点です。

通常、大手の携帯電話会社では、2年契約の場合に2年以内に解約すると解約手数料がかかります。

2年経過して更新月を過ぎると、またもや2年以内に解約すると解約手数料がかかります。

格安スマホの場合でも、通話契約がある場合は12ヶ月、もしくは短いところでも6ヶ月の最低利用期間があります。

この期間以内に解約するときは、解約手数料がかかるのです。

それに対し、JCOMのスマホの場合はいつ解約しても解約手数料がかかりません。

一度使い始めると長期で使う人が多いでしょうから、これはあまり重要なことではないかもしれませんが、

短期でやめなければならない事情が発生したときなど助かるでしょうし、使ってみたら思ったほどよくなかったという時も、短期で解約できるメリットがあります。

JCOMの他に解約手数料がかからないのは、イオンモバイルだけです。

そのくらい、携帯電話会社でも解約手数料は発生するのです。


■ 最安値までは行かないが十分に安い

JCOMのデータ通信のプランは、3GBから10GBまでとなります。

3GBより小さな量の契約はありませんし、10GBを超える大容量の契約がしたい人もできません。

ですので、0.5GB/1GB/2GBなどの小容量、あるいは15GB/20GB/30GBといった大容量の契約が必要な人は、他の携帯電話会社を選びましょう。

価格は、業界最低とは言えませんが、十分に安い価格を提供しています。

例えば、3GBの業界最低はDTIの月額1,490円ですが、JCOMは1,600円です。3GBは月額1,600円のところが多いので標準的です。


■ 端末セットの時は自宅で設定してくれる

JCOMの魅力は、端末の設定をしてくれるところでしょう。

スマホの契約をしてスマホが届くと、自宅にサービスの人に来てもらって端末の設定をしてもらうことができます。

お願いすればここまでやってくれるということなのです。

初めてスマホを持つ人には安心でしょう。

これがJCOMのサービスをしている地域でしか、JCOMのスマホ契約ができない理由かもしれません。